SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
ネットワーク・オーディオ その後
以前、ネットワーク・オーディオ・プレイヤー導入後、最初にNASに入れたのは、普段は滅多に聞くことの無い、マイルス、ハンコック、ショーター、トニー達のアルバムだったと書きました。

その後は、自分でも何故か分からないのですが、ハード・バップばかり入れてます。'50〜'60年代のアルバムは、ほとんどレコードで持っていたので、MDに落としてるのですが、MDを探し出すのも面倒くさい。なので、楽天レンタルで'50〜'60年代のCDを借り、FLACファィルに落として、NASに移行したりしています。

このブログを始めた当初に書きましたが、僕はおそらく、ジャズ喫茶育ちのジャズ・ファンの最後の世代です。渋谷、百軒店にあった"Blakey"や道玄坂小路にあった"Genius"で育ちました。ブレイキーの方は、後に大人のおもちゃ屋、ジニアスの方はファッション・ヘルスに変わった悲しい思い出があります。

両店ともハードバップとフリー、アヴァンギャルド系を並行してかけるような店で、僕は当初からフリー、アヴァンギャルド方面に、より興味をそそられたので、ハードバップは意外と持ってない物も多かった。

でもネットワークオーディオを導入したのをきっかけに、ハードバップの魅力に改めて開眼した思いです。根底には常に今の音楽と対峙していたい、という気持ちがありますが、ハードバップ、更にはビーバップ、1940年代、1950年代の音楽ですよ。それが今でも聴くに堪える、どころか、大いに感動する。何と素晴らしいことでしょうか!!


JUGEMテーマ:音楽


| 音楽 | 22:46 | comments(0) | - |
香川真司のメンタル
香川はメンタルが弱いからPK外した、みたいな論調がネット上では多いようだけど、違うと思う。

試合終了後、目を赤く腫らして、泣きじゃくる姿、あの姿にこそ、メンタルの弱さが見て取れる。

同じく外した本田は、全く動じてなかったんじゃない? 

過ぎたこと、仕方ない、とすぐに気持ちを切り替えたように感じられた。香川もその点は、見習わなきゃね。

それと、日本がUAEに負けたという人がいるけど、トーナメント方式の大会では、次に進む権利を得るためにPK戦をするわけで、公式記録としては、あくまでも引き分けです。


JUGEMテーマ:スポーツ


| サッカー | 22:49 | comments(0) | - |
初心者にもあっという間にできた、ネットワークオーディオ。
今日、PioneerのN-30の中古と5mのLANケーブル、50cmのLANケーブル、スィッチングハブが届き、いざ接続。説明書も全く読まず、適当にやっていたらインターネットラジオが繋がった。いや、これは凄い、膨大な数の放送局が聴ける。取りあえず、ブラジルのジャズ系放送局、セネガルのンバラ系音楽を流してる局など、いくつかをFavoriteに登録した。

音楽サーバー用のNAS、RockDiskNextの方は、昨日のうちに余ってた安いLANケーブルに一時的に繫いで設定はしておいた。ファィルも昨日いくつかコピーしておいた。NASのRockDiskNextは、設定も簡単だし、音楽サーバーとしての機能も良いらしいので、購入を決めたが、確かにすごく設定が簡単で、今のところはこれにして良かったと思っている。昨日の記事では書かなかったが、マニュアルはあってないような物。

なので、オーディオ界では、相当有名人らしい、かないまるおという人のホームページを参考にした。

新しいオーディオ機器を導入したのに、なぜか、NASにはマイルスの"Bitches Brew","On the Corner","In a Silent Way"など、古い音源を最初に入れてしまった。普段、マイルスなんて、ほとんど聴かないのに(苦笑)。あとは、ショーターの"Adam's Apple"とかね。

一番上は2005〜2006年頃に新品同様の中古で買ったプリメインアンプ、marantz PM-17SA ver.2、真ん中が今回買った格安中古、しかも予想以上の美品だった、Pioneer N-30、一番下がこの前買ったばかりのmarantz CD6005。ラックにきつきつで収まってます。アンプなんか、両脇に隙間ありません。

でもアンプが汗かいて苦しそうにしてるのを見たこと無いし、まあいいか、と(笑)。



NASのRockDiskNext 2TBと、スイッチングHUBのLSW3-GT-5NS/BK。意図したわけではないが、BuffaloとIO-DATAの組み合わせになってしまった。




NASにコピーしたハービーの、"River: The Joni Letters"。特にティナ・ターナーの歌が最高。イメージを覆された。

FLACでなく、mp3でも素晴らしい音で再生してくれた。このアルバムは最初の1、2回は地味だなあ、という印象だったが、3回目から良さが分かってきた。本当に心にしみる音楽だ。


JUGEMテーマ:音楽


JUGEMテーマ:日記・一般

| 音楽 | 23:07 | comments(0) | - |
ネットワークオーディオに進出しました。
最近、ようやく興味を持ち始め、たまたま、ネットワークオーディオの楽しみ方というBuffaloの記事やI-O DATAのNASの記事を読んだりして興味を持ち、更に山之内 正著、ネットオーディオ入門という本を読み、昔ながらのプリメインアンプでも可能なのか、と初めて知り(失笑)、やってみるかと思い立ちました。

本日、NASが届きました。買ったのは、前述したI-O DATAの記事に載っていたRockDiskNext 2TB モデル CL2-005LD/2Aです。

数日前からFLACファィル対応のfoobar2000MediaMonkeyをインストールして試していたのですが、foobar2000は、自分の理解度を遙かに超えていそうで難しそうだったし、MediaMonkeyは様々な点で自分には使い勝手が悪いと判断し、アンインストール。

iTunesが、FLACファィルに対応しているならば、一番良かったんですがね。僕はかなりデータを重視し、特に作曲者は、念入りに入力するのです。結構、作曲者が自動的に入ってこないCDが多いので、自分で入力することが多いです。再生しながら作曲者を確認するのは、iTunesが断然見やすいんですよね。

色々、調べていたらSonyの最新versionのMedia Goは、僕の持っている少し前のWalkmanにも対応していることが分かった。普段は、音楽ファイルはiTunesで管理していますが、iPod nanoは使わず、Walkmanを使っているので、Walkmanに音楽ファイルを転送する時は、X-アプリを起動し、マイミュージックフォルダーからiTunesのアルバムの入っているフォルダーを指定し、X-アプリのライブラリに呼び出す形でWalkmanに転送していました。

これからは、Media Goで、FLACファイルを作成し、NASに転送しようと考えています。iTunesで管理している曲は、今現在、11994曲、75.41GBになっています。これでも持っている音楽データやCDのごく一部ですが、これをNASに転送するか、それともNASにはFLACファィルやダウンロードしたハイレゾ音源だけを転送するか、迷っているところです。

ネットワークオーディオプレイヤーは、パイオニアのN-30を17,000円弱の中古格安でゲットしました。初めてのネットワークオーディオプレイヤーなので、格安中古で十分と思ったのです。これは明後日届くので、楽しみです。

また、顛末を書きたいと思います。

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:音楽

| 音楽 | 23:12 | comments(0) | - |
ニッカのFrom the Barrelを初めて買った。
普段、家ではほとんど酒は飲まないのですが、たまには飲んだ帰りにコンビにでビール買ったり、マルエツでウイスキー買ったりしています。

ここ数年は、下の画像のサントリーの43度のウイスキーを買っているのですが、若干甘いのが気になるんですわ。まあ、1,200円程度だったかな、安いから買ってるんですがね(苦笑)。



貧乏でなければ、一番好きなフォア・ローゼズのブラックを買うところですが、高くて買えましぇん。ブルーノート東京(最近、全く行ってないけど)に行くと、注文するのは、ローゼズのブラックをストレートのダブルです。で、必ずお代わりしてしまう。で、散財してしまう。

そういう意味では、新宿ピットインは、ずうっと昔からバーボンは、ローゼズのブラックを置いているので、すごく良心的だなあ、と思う。あんなに旨い酒が600円(だったと思う)で飲めるのだから。

たまにウイスキーを買って家飲みするわけだが、まず、間違いなく1週間持たないんですわ。ストレートで、ちびりちびり飲んでもね。

今までローゼズのブラック以外で旨いなあ、と思ったのは、スコッチのグレンリベット。それ以上に旨いと思ったのは、サントリー山崎の12年物だったかな? 

山崎は昔、西麻布のブラジル音楽を中心にかける音楽barで、マスターがお客さんからもらったというものを飲ませてもらったもの。サントリーやるなあ、と心底思った。マスターは下戸でした(笑)。下戸なのによくカクテルなんか作れるなあ、と思って聞いてみたが、マニュアル通りに作ってるだけ、とのことだった。

さて、From the Barrellは、旨い。さすがに500mlで、2,000円以上するだけのことはあるな。甘口で無く、ちょびっと辛口なのもいい。500mlと少なめだけど、度数が51.4度ですからね、ストレートで飲む小生にとっては、少量で酔えるのでありがたい。

それにボトルの形状といい、キャップの形状と言い、とにかくかっこいい。惚れました。

今まで飲んでたウイスキーと並べてみた。


でもそのうち、ニッカの竹鶴も飲んでみたいと思っている。



前の記事で書いたCDプレーヤーと一緒にamazonで買っちゃったんだよね。どういう組み合わせだよ、っちゅう感じだけど、さすがに梱包は別だった。当たり前か。

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日記 | 00:12 | comments(0) | - |
10年ぶりにCDプレーヤーを買い替えた。
最近、ようやくネットオーディオやらPCオーディオやらに関心を持ってきた次第。オーディオは金がかかるんで、若い頃より更に貧乏になった小生はあまり関わらないようにしてたのですが・・・。

最後に買った、そこそこなオーディオは、7〜8年位前かなあ、マランツのプリメインアンプ(12万円位)だったのですが、iPodを直接繋げて音が出せるCDプレーヤーもよござんすね、と思って買ってしまいました。今まで使ってたCDプレーヤーも10年以上使ってたし、まあ、そろそろいいか、と。

マランツの安物。下記のCD-6005です。

marantz CDプレーヤー シルバーゴールド CD-6005/FN

USBの端子が付いていて、iPodを繋げて直接、再生できるんだけど、Walkmanを繋げるとEmptyになってしまい、全く認識しない。まあ、買う前から分かってたことなんですが・・・。面白いのは、USBメモリーでも再生可能で、ミュージックのフォルダーから、いくつかのアルバムをフォルダーごとUSBメモリーに転送。

操作性はiPodをそのまま再生した方が全然いいけど、これは面白い体験だった。

最近はiPod nano(8GB)の出番は無く、もっぱらWalkman(8GB)ばかり持ち歩いていたのですが、久しぶりにiPod nanoにせっせとダウンロードした音楽を転送しました。

Lavamus.comというサイトがなくなり、しばらくダウンロードはしなかったのですが、先月からMegaboonというサイトを利用してます。ジャズやワールド系もそこそこあるので、今のところ、かなり満足してます。

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:音楽

| 音楽 | 20:41 | comments(0) | - |
日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
いわゆる陰謀論というものにもう、何十年と接してきている者からすれば、話してる内容はごくありふれた物に過ぎないけど、最後にヤジもなく、拍手が起きている、というのは日本の国会では考えられないね(苦笑)。

日本国民よりもアメリカ様の利益になることを一生懸命している日本の官僚や政治家たち。こんな話を日本の国会で話したら、ヤジが巻き起こって、騒然とするだろうな。

ほんとうに情けない、奴隷国家、ニッポン。

まあ、この動画が本当に国会の映像なのかどうか、という確証を得てはいませんがね。単なるテレビ番組でした、ということもあり得るわけで・・・。




JUGEMテーマ:ニュース

| ニュース | 21:34 | comments(2) | - |
kernel Power 41エラー再び
以前、この記事で書いた、カーネルパワー41病ですが、完治したと思って、しばらく調子がよかったパソコンですが、先週から再び、一日数回ほど突然の再起動が起きるようになり、土曜日は何とWindowsの画面まで行くこともできず、再起動の繰り返し。

さすがにここまで来ると、問題は電源ユニットだろうなあと思って、電源を買い替え。そして来年の5月で、今のパソコンも3年目になるので、いっそのこと作り替えようか、と思い、マザーボード、CPU、メモリを購入、古くなってきたお気に入りのサウンドボード、SE-90PCIも買い替え。総額で、5万円を超える出費となってしまったが、仕方ないか。

取りあえず電源ユニットだけ交換してみたら今のところ、順調。やっぱり電源が問題だったんだろうな。


JUGEMテーマ:コンピュータ


| コンピュータ | 11:28 | comments(0) | - |
鳥坂峠〜釈迦ヶ岳〜黒岳〜八丁山〜大沢山〜笹子駅(2日目)
10/19(日)、昨日は雲が多く、予報ほどは天気が良くなかったが、今日はどうだろう。

ツェルトは朝日で輝いておるが・・・。




いつの間にか気付いたら05:30になっていて、急いで朝飯の準備。食事を終え、荷物をまとめていると、一人の登山者が・・・。挨拶をすると富士山を撮るために山に通っているという神奈川県の人だった。特に杓子山から撮る富士が好きだとのこと。かなり長話をしてから、それじゃあ、また山頂でということで別れた。

07:40、出発。黒岳まで30分かかると思っていたら何と、10分で着いてしまった。これならば昨日、山頂、もしくはその近くの展望台で張れたじゃないか、と少し後悔。

先ほどお会いした人のカメラ機材を見せてもらう。さすがに最初からプロ用の機材を買ったと言うだけあり、素晴らしい物でした。

黒岳展望台からの毛無山、十二ヶ岳方面かな?


同じく富士。


しばらくすると夫婦らしき二人組が・・・。この二人も一眼レフでガシャガシャ撮っている。確かにここからの眺めは素晴らしい。

08:20、展望台を後にし、御坂山方面に向けて出発。

09:00、御坂峠着。途中で夫婦らしき二人の熟年登山者に遭遇。

いかにも峠という感じの道標。


御坂茶屋。昔は繁盛してたのかもなあ。


09:10、鉄塔着。そこからの富士。


威風堂々


Great Twins


09:30、御坂山着。


僕が到着してすぐ、単独登山者が反対側から登ってきた。昨日、三つ峠の小屋に泊まったそうだ。やはり、かなり混んでいたらしい。

その後、同じ方向から20人以上の団体、男性ばかりの70歳以上と思われる人達ばかりのパーティが到着。

09:45、出発。

しばらく行くと若い単独男性と遭遇。この人が、今日会った最後の人でした。

雲に隠れる富士。




10:40、鉄塔のある八丁峠着。

八丁峠から遠くに昨日登った釈迦ヶ岳。


同じく、今日登った黒岳方面。


11:00、八丁山着。ここは山名板は無いんですね。ここもかなり眺めは良かったです。

11:15、コンビニのおにぎりが一つ、残っていたのを発見。賞味期限を14時間以上過ぎているが、普段から半年以上、賞味期限を過ぎているラーメンやココアなどを飲食してるので、気にせず、食べる。

トリカブトかな?



12:10、女坂峠着。

峠の手前は、今山行一番の難所でした。ものすごい急下降。ここは下りより登る方がいいな。


女坂峠のすぐ上には、なんと石垣が・・・。


12:25、大沢山着。


12:40出発。

今日は2日目と言うこともあり、予想通り、体が慣れ、ゆっくり歩いてるつもりでも結果、相当早いペース。ここからはのんびり下りましたが、車道に出てからは、早足で歩き、15:02分の大月行きに乗れました。大月からは東京行きに連絡。やはりもの凄い登山者の数。

下車駅で、とんかつ和幸の弁当を買い、家で録画しておいたリーガ・エスパニョーラの試合を観ながら2日間の山行を振り返る。終始、一般登山道にも関わらず、人のあまり居ない静かな山行に大満足。やっぱり泊まりの登山はいいなあ。

JUGEMテーマ:スポーツ


| 登山 | 22:06 | comments(0) | - |
鳥坂峠〜釈迦ヶ岳〜黒岳〜八丁山〜大沢山〜笹子駅(1日目)
10/18(土)、高尾駅で、07:26発の小淵沢駅に乗り換える。さすがに土日連続の好天の予報。登山者だけでなく、観光客も多そうだ。笹子や塩山では大勢の登山者が降りていった。

僕は石和温泉で降りた、ただ一人の登山者のようだった。09:13に着き、バスは09:25発。10:15、鳥坂トンネルで下車。乗客は駅で乗った老夫婦と僕の3人だけでした。

1/25,000地形図は、河口湖西部、河口湖東部、笹子の3枚を持参。途中に水場も無いため、真水3.5リットル、スポーツドリンクを1リットル持参。水が重いため、テントではなく、ツェルトを持参。

バス停の反対車線、すぐそばにある登山口。「春日山登山口」と書かれてます。


しばらくは舗装された林道を行くが、10分ほど歩くと舗装された道のどん詰まり。右を見やると道標があった。


更に5分ほど歩き、10:30、釈迦ヶ岳と春日山の分岐着。どうやらここが鳥坂峠らしい。


登山道に入ると、猪の仕業なのか、それともモグラだろうか、登山道が鍬で耕されたかのような場所が随所にある。一般登山道というのに、全く人くさくなく、バリエーション・ハイキングのルートのようだ。足跡も獣の足跡ばかり。

11:10、NHKのタワー着。


11:35、尾根に乗って、進む方向が右側に変わった。

岩場地帯が結構続く。





12:15、岩場地帯を抜け、稜線へ。方角がほぼ東に変わった。

12:50、神座山着。


神座山からの釈迦ヶ岳。


13:00出発、ここまでは誰一人合わなかったがしばらく行くと、少し下の斜面に山菜かキノコ取りでもしてそうな人が居た。登山目的ではないようだ。

13:30、三つの道標がある場所に出た。1,480m界隈だと思うが、先ほどの登山者ではないと思われる人達は、檜峯神社から歩いてきたに違いない。地形図には載っていない道だ。


他の2つの道標


釈迦ヶ岳への道


上部の岩場が出てきました。ここは右から巻いていきました。


まるで小学校の綱引きで使ってました的なロープ登場。


このロープの終点まで来ると、左に斜上し、先ほどの画像の大岩を巻き終えます。

登山道から見て左側の岩場。


2つめのロープ。


この辺りで今日初めて登山者に遭遇。下山してきた人でした。そして頂上で二人パーティに遭遇。

14:10、釈迦ヶ岳着。


信仰登山の山なんでしょうね。




14:20、出発。下りも結構な急降下。登りと違って、こちら側は岩場は少なめでした。

14:50、府駒山着。

ここはツェルトを張って下さい、と言わんばかりの見事なまでの平坦なスペースがあり、迷いましたが、まだ時間も早く、立派な道標もあり、人工的な場所なので却下。先を急ぎます。

途中で二人組の若者に遭遇。一人は初心者だそうですが、これから釈迦ヶ岳までピストンするとのこと。15分で行けるでしょうと強気な発言。

今日会った登山者は、これで最後、総勢5人。

15:10、日向坂峠着。ごんべえ峠とも言うようです。道路を渡った反対側が黒岳への登山道。


と、急に整備感溢れるモノが・・・。


今山行一番の紅葉。


16:00になった時点で、黒岳まであと30分位はかかるだろうと思い、ツェルト設営を決定。パスタを食べ、ココアを飲んで、至福の一時。今年は日帰りしかしてなかったので、明日の道中に期待しながら眠りについた。

JUGEMテーマ:スポーツ


| 登山 | 22:05 | comments(0) | - |
<< | 2/123PAGES | >>