SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
<< Marisa Monte 動画  ブラジルのTV番組から "Universo ao Meu Redor" | main | フェスティバル・エクスプレス  電車の中でのフリー・セッションがたまらんロック映画 >>
シルヴィア・トーレス 1997年 カルリーニョス・ブラウンのプロデュース
あのカルリーニョス・ブラウンが、自身が率いる打楽器集団、チンバラーダ以外に初めてプロデュースしたアルバム、ということで、当時、相当期待して新品で買ったシルヴィア・トーレス。以後、ずっと愛聴盤で、1990年代に聴いたブラジル音楽の中でも特に好きなアルバムの一つです。でも一般的にはあまり受けなかったのかなあ、と。でも自分が大好きならば、一般的な評価など、どうでもいいのです。「そもそも俺、ジョアン・ジルベルトよりベベウ・ジルベルトの方が好きだもん。」あ、遂に書いちゃった。でも紛れもない本心なんだからしょうがない。

日本で先行発売ということで、帯には「アフロ・ブラジリアン・フォーキー 究極のナゴミ系サウンド」と書かれていますが、確かに打楽器の使い方は、アフロ・ブラジルなバイーアの臭いが濃厚で、これがたまらんのです。シルヴィア自身は白人でジャケの写真では、アンニュイなお姉様といった感じ。コンガやボンゴなども使っていますが、クイーカやギロなど擦り系打楽器、手拍子やベルなどの使い方も素晴らしいです。

そして、その打楽器とアコーディオンやギター等の醸し出すアンサンブルが、とても味わい深く、聴く度に陶然としてしまいます。

解説は中原仁、高橋健太郎というお馴染みの両氏が書いているのですが、Silvia Torresの5枚目のアルバムということで、それまでの4枚は、本作ほど繊細な味わいはなく、大味だそうです。

サンプルは、アメリカのAmazonで全曲、聴けます。

解説の二人では、中原氏が「一聴シンプルでポップだが、決して単純明快に割り切れない音楽の不思議な磁力」と書き、高橋氏は「恐ろしく繊細で、のぞき込めばのぞき込むほど、魔術的な魅力を発揮するかのよう」と表現しています。
| 音楽 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://denho.jugem.jp/trackback/434
トラックバック
クイーカの演奏に濡らしたセーム革を使うと良いらしい
クイーカという楽器,日本ではゴン太くんの声ぐらいの認識しかないのですが,ブラジルでは大変人気のある楽器らしい。youtube動画でもこれでもかと言うほど見つかる。 私も演奏したことがあるが,指を濡らして擦っていた。すぐ指が乾いてしまうので何かいい方法をと
| 楽器が大好き | 2007/07/08 2:45 PM |