SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
<< 十字峡〜丹後山〜大水上山〜兎岳〜中ノ岳〜十字峡(初日) | main | 十字峡〜丹後山〜大水上山〜兎岳〜中ノ岳〜十字峡(不本意ながらの三日目) >>
十字峡〜丹後山〜大水上山〜兎岳〜中ノ岳〜十字峡(二日目)
今日は4時起床、05:35出発した。今日は2日目なので、足をつったりする心配も無いだろう。

出発後、何と5分で十字峡、水場、巻機山という分岐の道標に到着。そして更に5分後、丹後山避難小屋に着いた。思ったよりもずっと上に来てたんだなあ。


丹後山避難小屋


小屋で天水を補給。昨日、下山中の登山者が話していた通り、すごくきれいで、生のまま何の違和感も無く飲める。今日は水は3.5リットル持つことにした。昨日は小屋には、11人泊まったそうだ。

06:10、利根川水源碑着。地形図によると1,834m


同じ場所から水源碑の石を入れて


06:20大水上山着。


中ノ岳


兎岳


07:20兎岳着。中ノ岳までは、3.3kmだそうな。


兎岳の頂上は4〜5人居たかなあ。更に荒沢岳方面からやってきた登山者も到着。
5分程度休んで出発。

しばらく下ったところからの中ノ岳と右は越後駒ヶ岳か?

小兎岳は、地形図を見てもだだっ広い山頂のようで、山名板も気がつかず、たぶん、ここがそうなんだろう程度。

だいぶ近くなった中ノ岳


9:45、池の段に到着。

今日は2日目なので、予想通り、足は快調。つりそうな気配は全く無い。しかし、何となく少し前から軽い吐き気がして、体調は良くない。

10:05、中ノ岳着。


中ノ岳避難小屋


山頂から荒沢岳方面


山頂からの中ノ岳西面の草紅葉


ここも5分程度の休憩で下りにかかる。この時点では今日中に下山するつもりでいたが、次第に吐き気も増してきた。結局、吐くことは無かったが、体調最悪。しかも七合目の少し前あたりだったか、右足の踝に激痛が・・・。

靴下を脱いでみると、何と靴擦れして、皮がめくれている。靴擦れって、こんなに痛いんだ。吐き気と眠気、足の痛みで、今日の下山は取り止めに決めた。

汚い水しか望めない生姜畑の池の周りでテントを張ることにした。足をいたわりながら途中、昼寝したりしながら何とか16:00にテントを張り終えた。

道中、中ノ岳をピストンで登ってきた男性に、500mlのペットボトルをいただき、感謝。あのペットボトルのおかげで、池の水を使わなくて済んだ。コーヒーやココアを何杯か飲むことができた。この日は、非常食のみで過ごした。

写真を撮り忘れたが、テントはこの付近に張った。


テントを張っている時は、虫が多く、結構刺されたが、気温が下がれば一気にいなくなるだろうと思ったが、予想通り。翌朝も虫は全くいなく快適だった。16時頃、テントを張ったが、やはり、その後は誰一人、通ることは無かった。

水分もあまり取ってない気がしたが、夜は何度か、小便に起きた。空を見上げると、昨日と違い、星が少ない。しかし、結果は翌日も晴天だった。

JUGEMテーマ:スポーツ

| 登山 | 23:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする