SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
<< 「チャイルドコール 呼声」 ノオミ・ラパス主演  ポール・シュレットアウネ監督 | main | Tabatha Fher ブラジルの女性歌手、You Tubeで本日、たまたま知ったの巻  >>
お坊山東峰南尾根〜お坊山〜トクモリ〜米沢山〜米沢山北尾根
7/21(月)、海の日に山に行ってきました。

最初は沢に行こうか、とも思いましたが、それほど気温も上がらなそうなので、いわゆるバリエーション・ハイキングにしました。

高尾で07:26発の小淵沢行きに乗り換え、笹子に08:30頃着きました。登山者は結構、降りたようです。

20号線を西に進み、08:40、日向橋に着く。


日向橋を渡り、道なりに進み、高速道路の下をくぐり、そのまま、高速沿いの道をしばらく行きます。


08:45、大木場沢に着いた。


今日は作業の人なのか、車が止まっていました。すぐ脇の白い標識に9号鉄塔、10号鉄塔への方向が書かれてます。そのまま沢の左岸沿いの道を登って行きます。

08:50、2番目の堰堤に着きました。ここでおにぎり1個の燃料補給。


09:10出発。堰堤脇の白い標識に依ると、10号鉄塔は更に上のようなので、そのまましばらく登ると、沢に赤テープがありました。


右岸側の赤テープ


ここで右岸側に渡り、赤テープに従って、そのまま南尾根方面に直進。すると木に赤いマジックで方向が示されていて、この斜面を登れという意味らしい。相当急です。グズグズな感じです。


そのまましばらく登りますが、左側の植林帯の斜面の方が木を掴んだりして、登りやすそうなので、移動しました。そちらに移動した方が早く尾根上に出られそうです。結果、こちらに移動して正解でした。尾根に乗って、しばらく行くと黒い階段が出てきました。右を見ると巡視路が、はるか下の方から延びてきていました。

鉄塔直下の階段


右から合流した歩きやすそうな東電の巡視路


もしかしたら2番目の堰堤を越えても、沢を右岸側に渡らず、そのまま左岸沿いの道を真っ直ぐ登っていれば、途中から大きく左にカーブしていく、巡視路に出られたのかもしれませんね。今度、来る機会があったら是非、試してみたいところです。あるいは、大木場沢で橋を渡り、南尾根にダイレクトに取り付けたのかな、などとも思います。

でも考えてみれば、鉄塔があるということは、東電の巡視路が整備されてるはずなので、あんな急斜面をわざわざ登る必要があるはずないんですよね。

09:20、階段をほんの少し登って、10号鉄塔着。10号と書いてますが、No.10という文字はどこにも見当たらなかった。2番の文字はありましたが・・・。でもこの鉄塔に間違いないです。

09:40、鉄塔を出発。なかなか綺麗な、いい尾根です。やはり、この時期にしては涼しく、登りでは汗が出ますが、沢登りで積極的に水に浸かるのは、少し寒かったかもしれず、ここに来て良かったかも。



毒キノコか?


思わず、ウニを想像した。


10:05、尾根が右に曲がる1,030m界隈に到着。少し休憩し、10:20出発。ここに来る直前、下の斜面でガサガサっと音がしたので、目をやると、柴犬のような動物が疾走してました。でも犬がこんなところにいるわけないので、かなり若い子鹿だったんだろうな。

上部に来ると岩場も少々出てきました。


10:55、おそらくここからが最後の登りなんじゃないかな、と思った平坦地。予想通り、最後の登りでした。

11:10、お坊山東峰着。


ここに来たのは、2回目。前回は積雪期だったこともあり、もっと広々とした場所という印象があったが、ベンチもすごくぼろくなっていて、草木もかなり繁茂しており、同じ場所とは思えなかった。



ここにもヒッチさん、お手製の山名板。


天気はガスもかかっており、あまり良くないので、休憩せず、お坊山に向けて出発。



11:20、お坊山着。



10:30頃からは、曇ってきたので、ここでも眺めが良くないだろうと思いきや、どうやら北の方角は、割と天気が良さそうだ。これは、米沢山北尾根も少々期待できるかも。

お坊山山頂から甲斐大和方面の街並み。


11:30、お坊山出発。ここから米沢山までは一般登山道。トクモリに行く手前、熟年の夫婦らしき登山者に遭遇。今日初めて会った登山者。

その後、米沢山までは、単独2名、ほとんど同時に米沢山頂に着いた5〜6人パーティ。今日会った登山者はそれだけ。全て僕とは反対コースの人達でした。

12:00、米沢山着。12:10北尾根に向けて出発。

米沢山頂の北尾根入口。一般登山者が侵入しないよう、枯れ木が積み重ねてあった。


北尾根は意外なことにビニールテープがものすごく多くて、数だけは一般登山道並でした。上部はかなり急で、登りには使いたくないなあ、と思ってしまった。

急ではあるが、地面は引き締まって固く、歩きやすい北尾根。


12:40、1,211m圏峰着。他のブログでマニアな人の手作りプレート、1,211mがあると書いてあったので、探しましたが、どこにも見当たりませんでした。誰かが外してしまったんでしょうか?

1,211m圏峰を過ぎると、すぐに広くて平坦な場所に出て、ここはなかなかいい雰囲気。ここからは自然林が素晴らしい下りで、あまり早く帰っても仕方ないので、のんびり下りました。それでも調理器具は一切持ってこなかったので、15:00前に甲斐大和駅に着いてしまいましたが・・・。

途中からは自然林の尾根筋ではなく、植林帯にジグザグに道が切ってあり、テープも随所に巻かれていました。

今日は、本当に毒キノコ(?)との出逢いに恵まれた一日でした。





お坊山からもよく見える、上部がオレンジ色の超どでかい、207号鉄塔を通過。


最後は林道に出ました。


米沢山北尾根の登りは、林道脇のこちらが目印。



JUGEMテーマ:スポーツ


| 登山 | 11:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする