SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
Androidアプリ 「地図ロイド」と「山旅ロガー」を使ってチョイ乗りしてみた。
昨日、たまたまAndroidのアプリで、地図ロイド山旅ロガーというものがあると知り、ダウンロード。山旅の方はゴールド(有料版)をゲット。昨日、自転車を整備したこともあり、早朝、近場まで走って使ってみた。

僕はソフト使う時や家電品などを買った時なども最初にじっくり説明書を読むタイプではなく、まず使ってみて分からなければ読むというスタイル。なので、この2つのアプリもよく分からないまま、地図ロイドの方で現在地の追尾開始、そして山旅ロガーの方で測定開始をして、5:30頃自宅をスタート。稲毛海岸の方まで走り、ハンドル周り、ヘッドの部分とブレーキがイマイチだな、まだ整備が必要だな、ということが分かり、1時間弱で帰宅。冬で日の出前ということもあるだろうけど、道がガラガラで快適だった。

部屋に入り、地図ロイドを見るとしっかりと走ったコースが赤線で引かれていました。山旅ロガーを見ると、走った距離や時間おきの速度(平均なんでしょうな?)などが表示され、これはなかなか面白いなあ、と。説明をよく読んで、じっくり使いたいと思います。

それにしても先月届いたDahonのビテスP18、ペダルは見ただけで、これでツーリングはしたくないなと思う代物。実際、近場を走っただけで、もううんざり(笑)。今、昔ながらのトークリップ&トーストラップでクイル型のペダルにするか、それとも僕が乗ってた頃には存在してなかったビンディングペダル&SPDシューズにするか、迷ってるところ。

何度か近場を乗ってるけど、20インチという小径車にしては走るし、スピードもそこそこ出るけど、やっぱり普通の大きさの自転車の方が確実に楽しいわな。ランドナーかクロスバイクも欲しいな、と思ってきてしまいました。いずれにせよ、当分買えないけど。


JUGEMテーマ:日記・一般
| 自転車 | 17:52 | comments(0) | - |
Dahon  ビテスP18、届きました。
ビテスP18は、ほとんどの自転車屋で完売。なので、あきらめて2月に日本に入ってくる予定のビスクP18にしようかな、と思いつつ、しつこく調べていたら扱っている店を発見。同じ千葉市内のgettacycle.comというお店。

12/27の深夜に注文して、先日、日本に到着というメール。思っていたより早かった。本日、ヤマト運輸で配送がありました。



室内で保管するため、純正の輪行袋を購入。高いだけあって、パッドも十分入っている。ただ、輪行のお供にするには嵩張るし、重い。他の乗客に痛い思いをさせない、ということでは最高だけど。



JUGEMテーマ:スポーツ


| 自転車 | 16:13 | comments(0) | - |
ほぼ30年ぶりに自転車やりてえーーーという思いがピークに達した2011.12
僕が自転車をやっていたのは、1975年〜1984年まで。その後は登山に走ってしまいました。

最初の自転車は、小学校高学年から集めていた切手を全て売り払い、7万円位のスポルティフ(ロードバイクとランドナーの中間タイプ)を買って乗っていた。今はスポルティフという言葉は死語なのかも知れない。

その後、工具を色々と揃えて中空リムとチューブラータイヤを買い、スポルティフをロードレーサー(昔はロードバイクと言う言葉は無かった)に改造した。

それで、ある時は友人達と、またある時は単独で、南房総、伊豆箱根や東北などに野宿したり、テント張ったりしながらツーリングしていました。

で、次第に林道を走りたくなり、ロードレーサーでは無理だということで、輪行仕様のランドナーを神田のアルプスという、今は無き名店で20万円位で購入。ちなみに輪行というのは、自転車を分解して、輪行袋という袋に入れて、電車に乗って運ぶことです。昔は確か、300円位の手数料を支払って、電車に持ち込みができたと記憶してます。

特に冬の林道を走るのが好きだったんだけど、丹沢の世附峠(よづくとうげ)では、あわや遭難ということもありました。

3月に行ったのですが、前半は南面で、雪が溶けてドロドロ状態で、リムとブレーキの間に泥がはさまり、一向に進めない。そして、後半の北面では当然ながら雪がかなり残っていて、なかなか進めない。バテバテで、何度も雪の上に大の字になりました。

バテバテ状態で、雪の上に大の字に寝ると、そりゃもう、背中がひんやりとして、極楽浄土(笑)の気持ちなんですわ。何度、このまま眠って疲れを取りたいと思ったことか。

でもそこで眠ってしまったら本当に凍死してしまうので、何とか体力を振り絞って、無事帰還しました。

3〜4年位前から久しぶりに自転車やりたいなあ、と少しずつ思いが募っていましたが、今月、その思いがピークに達してしまったので、色々調べています。

で、最終的にDAHONというカリフォルニアのメーカーのVisc. P18か、Dash p18か、2011年物で、既に完売している店が多く、なかなか取り扱っている店が見つからない、Vitesse P18、そして、以上の3車とは全く違う、長距離キャンピング仕様のSpeed TRを今のところ、候補に挙げています。

ただ、Speed TRは、ギア比の関係上、平地の舗装路でもスピードは期待できないし、重さが15kgもあるので、輪行するのはかったるいな、ということで却下すると思います。

結局、まだどの車種を買うかは決めてないものの、買っても近所を走るポタリング程度になるのか、それとも20歳代の頃のように輪行ツーリングで、峠越えや林道を走りたくなるのか分からない。でも候補に挙げた小径の折りたたみ自転車では、そこまでは無理だろうなあ、という気持ちもあります。

何れにせよ、元々メカ好きなので、買った車種も2〜3年後には全く違った自転車になっている可能性大です。

っちゅうわけで、新たに自転車というカテゴリを作ってしまいました。

JUGEMテーマ:スポーツ

| 自転車 | 23:51 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |