SEARCH THIS BLOG.
My Favorite Blogs
CATEGORIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
クリックで救える命がある。
SELECTED ENTRY
    
RECENT COMMENTS
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    tabasco (11/04)
  • 日本の国会とは偉い違い、イタリアの若い議員の独演。
    十三小僧 (11/04)
  • 「嫌われる勇気」 岸見一郎著を読み、アドラー心理学の初体験をした。
    アドレリアン (10/16)
  • 「アマンドラ! 希望の歌」  反アパルトヘイトと歌の関係
    ETCマンツーマン英会話 (06/13)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    tabasco (05/17)
  • Brian Blade & The Fellowship Bandの新譜、 'Landmarks'が全曲、フルで聴けます。
    piccolo (05/17)
  • DVD、「変態愛 インセクト」(アメリカ映画 1995年)を観る。
    Yoko (06/09)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    tabasco (02/15)
  • 「扉をたたく人」 トム・マッカーシー監督 リチャード・ジェンキンス  ヒアム・アッバス  
    レモン・ハート (02/15)
  • マーク・ストロングが激シブじゃった リドリー・スコット監督 「ワールド・オブ・ライズ」 
    tabasco (09/21)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
久しぶりの投稿
実に10ヶ月ぶりの投稿。山は正月以来、一度も行ってません。盆休みは、荒川三山か、20数年ぶりの飯豊連峰か、沢登りで行った20数年ぶりの朝日連峰か、と計画していたのですが、91歳の老母にできれば行かないでほしい、とシグナルを放たれ、自粛してしまいました(苦笑)。

小生は独身で、母の妹夫婦は子どもが二人いたのですが、それぞれ20歳代、30歳代で亡くなってしまったので、一人で4人、面倒を見なければならなかったのです。

昨年は父の介護で週に4回、病院に行ったこともありました。結局、老衰(死亡診断書では誤嚥性肺炎ですが)で亡くなり、叔父は今年、肺癌で亡くなり、残るは母と母の妹です。

二人とも脚が極度に悪く、叔母は何と先日、100m程の距離をタクシーを使ったそうで、ビックリしてしまいました。500mを歩くのが難儀だということは分かっていましたが、ますますひどくなってるようです。叔母は母より7歳下ですが、母よりも脚が悪いです。

二人とも同時期に介護が必要になるような状況にならないように、と祈るばかりです。そんな状況になったら一人では到底、無理です。

と、まあ、そんな状況です。話は変わりますが、音楽より映画という状態が何年も続いていたのですが、2年前にネットワークオーディオを導入してから完全に音楽熱が再燃。20〜30歳代の頃の熱が蘇ってきてしまいました。

CDをレンタルしてはFLACファィルに変換し、NASに転送している次第です。そろそろ、久しぶりに音楽ネタも再開しようかな、と思ってます。

JUGEMテーマ:日記・一般



| 日記 | 22:48 | comments(0) | - |
スイスのサボが復活してたなんて・・・感激。
小生はかれこれ、35〜37年位、髪は自分で刈っています。ずうっとスイスのサボというものを使っていたのですが、ある日、入手できなくなり、仕方なく、松下の電動のヘアカッターで刈るようになりました。

先日、知人に髪は自分で刈っていると話したら驚かれ、スイスのサボについて説明しましたが、うまくイメージできないようでした。

何とアマゾンで2012年から売られてたんですね。全く知らなかった。既に絶滅していたと思っていた。

2枚のカミソリ刃を、櫛がサンドイッチする形です。そして、櫛の長さがミソで、4種類の刈り方ができるというシンプルながらも優れもの。これを考えた人は天才じゃのう、と若い頃、思ったものです。

来月あたり買って、久しぶりに使ってみようかな。

サボー家庭用理髪器(スイス)替刃2+5枚付


JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 17:09 | comments(0) | - |
最近は、ニッカの「竹鶴ピュアモルト」を飲んでいる。
以前、ニッカの「フロム・ザ・バレル」を飲んでいる、と書きましたが、最近は、もう少し安い竹鶴ピュアモルトを飲んでいます。もちろん、21年物や17年物ではなく、一番安いものです。

まあ、コーヒーにしろ、酒にしろ、慣れですから(笑)。最初に少し違和感を感じても、飲み続けているうちに好きになるというのは良くあることです。

今度、竹鶴ピュアモルトとフロム・ザ・バレルを同時に買ってみようかな。そして、交互に飲み比べたら面白いかも、などと思う今日この頃であります。


JUGEMテーマ:日記・一般

| 日記 | 23:03 | comments(0) | - |
チャイムの怪
父が3度目の誤嚥性肺炎で、5月下旬に入院、点滴と昇圧剤を投与され、飲まず食わずの約50日、7/6に亡くなってしまいました。

7/9の葬式の日、前日から泊まっていた弟と母の話によると、6:30頃、玄関のチャイムが鳴ったので、出たけど誰も居なかったとのこと。深夜にも1回鳴ったそうです。母と弟は「お父さんが来た」と(笑)。その時は、朝のチャイムはテレビから流れた音声で、深夜のは寝ぼけて夢でも見たんじゃないの、とまともに相手にはしませんでした。

ところが翌日の午前中、10時〜11時頃にかけて、3〜4回、チャイムが鳴ったのです。いずれも出ても誰も居ず。そこで、これは故障してるんだな、と。そのうち、修理を頼まないとね、と母と話していました。

ところが、その後は全く異常なし。一体何なんだ。僕はオカルトとか霊とかは信じないのですが、これは不思議な体験だなあ、と思う今日この頃です。

それにしても介護をしている時は、自分でも意外なほど、さほど大変だと思うことはなかったのですが、死後の役所や金融機関、年金事務所などへの手続き、これはほんとに面倒ですわ。


JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 17:31 | comments(0) | - |
「ツレがうつになりまして」ならぬ「チチが認知症(?)になりまして」
12月からブログをあまり更新してないのには、こんな訳がありました。認知症なのか、老人性うつ病なのかはわかりません。

診察を拒むので、先生に往診に来てもらったのですが、「帰ってください。」と激昂し、診察のしの字もできまへんでした。

母の方が先に倒れてしまうのではないか、と心配です。

僕自身は、まだ精神的、肉体的には全然大丈夫ですが、仕事のできないストレス、山に行けないストレスは、相当あります。そして、仕事を失ってしまうのではないか、という恐怖も。

ブログを始めるに当たって、こういった個人的な事は、あまり書かない方針でいましたが、あえて書いてみました。

チチの認知症(?)の具体的なネタは山ほどあります。毎日のように新たな「出し物」を出してくれます。そして、僕と母を苛立たせ、困惑させます。具体的な事例は書きませんけど。

あなたが長男であるならば、なるべく早い時期から覚悟しておくべきだと思います。

僕は、5〜6年前から両親と25年ぶり位でしょうか、同居を始めました。年老いて、ごみ出しや掃除が大変だから一緒に住んでくれ、と言われ、気が進まないながら長男なので仕方ないな、と。

僕が子どもの頃から両親ともに本を読んでいるのをほとんど見たことが無い。無趣味、無教養の両親です。一緒に住み始めた頃から二人とも認知症になるのでは無いか、と戦々恐々としていました。実際のところ、無趣味、無教養だから認知症になりやすいのかどうかは知りませんけどね。

まあ、これも天が与えてくれた試練だと思って乗り越えます。乗り越えれば、一皮むけることができるでしょう。

JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 23:21 | comments(0) | - |
ニッカのFrom the Barrelを初めて買った。
普段、家ではほとんど酒は飲まないのですが、たまには飲んだ帰りにコンビにでビール買ったり、マルエツでウイスキー買ったりしています。

ここ数年は、下の画像のサントリーの43度のウイスキーを買っているのですが、若干甘いのが気になるんですわ。まあ、1,200円程度だったかな、安いから買ってるんですがね(苦笑)。



貧乏でなければ、一番好きなフォア・ローゼズのブラックを買うところですが、高くて買えましぇん。ブルーノート東京(最近、全く行ってないけど)に行くと、注文するのは、ローゼズのブラックをストレートのダブルです。で、必ずお代わりしてしまう。で、散財してしまう。

そういう意味では、新宿ピットインは、ずうっと昔からバーボンは、ローゼズのブラックを置いているので、すごく良心的だなあ、と思う。あんなに旨い酒が600円(だったと思う)で飲めるのだから。

たまにウイスキーを買って家飲みするわけだが、まず、間違いなく1週間持たないんですわ。ストレートで、ちびりちびり飲んでもね。

今までローゼズのブラック以外で旨いなあ、と思ったのは、スコッチのグレンリベット。それ以上に旨いと思ったのは、サントリー山崎の12年物だったかな? 

山崎は昔、西麻布のブラジル音楽を中心にかける音楽barで、マスターがお客さんからもらったというものを飲ませてもらったもの。サントリーやるなあ、と心底思った。マスターは下戸でした(笑)。下戸なのによくカクテルなんか作れるなあ、と思って聞いてみたが、マニュアル通りに作ってるだけ、とのことだった。

さて、From the Barrellは、旨い。さすがに500mlで、2,000円以上するだけのことはあるな。甘口で無く、ちょびっと辛口なのもいい。500mlと少なめだけど、度数が51.4度ですからね、ストレートで飲む小生にとっては、少量で酔えるのでありがたい。

それにボトルの形状といい、キャップの形状と言い、とにかくかっこいい。惚れました。

今まで飲んでたウイスキーと並べてみた。


でもそのうち、ニッカの竹鶴も飲んでみたいと思っている。



前の記事で書いたCDプレーヤーと一緒にamazonで買っちゃったんだよね。どういう組み合わせだよ、っちゅう感じだけど、さすがに梱包は別だった。当たり前か。

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日記 | 00:12 | comments(0) | - |
auからMVNOのmineo(マイネオ)に乗り換えました。
LTEにしてから、3Gの頃に比べ、毎月の電話代が数千円高くなり、今まではさほど気にしていなかったのですが、MVNO、いわゆる格安スマホの選択も考えるようになりました。MVNOって、電力の自由化に似てますね。一般家庭でも2016年からですな、自由に電力会社を選べるようになるのは・・・。

mineoは、auの回線を使う、初のMVNOとして6月からサービスを開始してたんですね。僕は全く知りませんでした(苦笑)。知ったのは、申し込んだ当日です。

痛いのは、データ通信は、au LTEのエリアだけ、ということ。今までならば、LTEが整備されてない地域では、自動的に3Gになり、通信できていたところが、全くできなくなるということです。仕事で千葉や神奈川のマイナーな駅からタクシーで1時間とか遠方に行った時など不便を感じるケースが出てきそう。ただ、通話に関しては、3Gでできるので問題はありません。

もう一つ痛いのは、1年間の縛りがあり、途中解約すると10,000円以上の違約金が発生すること。

9/15(月)の午前中に、auに電話し、MNP予約番号を発行してもらい、auを解約。同じく午前中にmineoに申し込み、昨日、ICカードと説明書が届いた。スマホは今までのXperia SOL21をそのまま流用。これは自分にとっては、2台目のスマホですが、大きさも最近のスマホと違って小さめだし、機能としてもとても気に入ってます。

mineoの設定も実に簡単でした。そして、ホームページのマイページで、パケット使用量とか、通話料とか参照できるのですが、非常に見やすいデザイン。しかも軽いし、今のところ、好印象です。

データ通信の容量は、一番安い1GBを選択しました。オーバーしなければ、翌月に余った分を繰り越せるし、オーバーしても自動的に課金されることはなく、速度が200kbpsと大幅に落とされるだけ。そして、使い切ってしまったら必要に応じて、100MB単位で容量をチャージできるというのもいいです。

1GBでは足りなくなり、2GBに変更することになるかも知れませんが、今まで7,000円以上払っていたのに比べれば、安くなるのは確実。

他にもこまめに安くできるものは、節約したいと思います。このブログもJUGEM Plusと言って、有料なのですが、無料にすると自分の本意では無い広告が、勝手に表示されるので、これはしかたないかな、と。


JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 11:19 | comments(0) | - |
「日本ネットリサーチ」という会社からの詐欺メール
件名は、【重要なお知らせ】でした。

本文は下記の通り。ふざけるな、アホたれ、バカちんがっ!!

もっともらしく、普通の電話番号書いてるが、どうせ、携帯電話に転送になってるんだろうが・・・。郵便番号と住所、ビル名も書いとけ、アホンダラ。

全く、朝から気分が悪いわ。

弊社は総合コンテンツ提供会社より依頼を受け、
調査業務及び、和解手続の代行等を主に行っている調査機関でございます。


お客様が以前にインターネットサイト上にてご登録されました、
有料総合コンテンツにて、無料お試し期間内での退会手続きが確認できておらず、ご延滞の期間に入っております。

登録後、長期放置状態となっており、これ以上のご延滞が続きますと、利用規約に基づき、法的手続きを含む請求業務への移行となります。

法的手続きが開始されますと、給与、財産等の差押さえとなる強制執行となります。

退会手続き、データベースの抹消等については、下記へ翌営業日までにお問い合わせ下さい。


※尚、メールでの返答には対応しておりませんのでご了承下さい。


【ご連絡先】
株式会社日本ネットリサーチ
お問い合わせ番号:03-4589-9925
担当管理:権田・橋本・谷口
受付時間:10:00〜19:00


JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 08:01 | comments(0) | - |
左手首の痛みがまだ消えない。
先週の火曜日頃から急に左手首が痛くなり、捻挫した記憶なども全くないのに不思議だなあ、と思っていたら水曜、木曜と更に痛くなり、顔を洗ったり、体を洗ったりするのも難儀になってしまった。手首に湿布を貼って、何とか凌いだ。久しぶりにフルに自分だけのために使えた、せっかくの3連休も家で休養。久しぶりに山に行けたのになあ。

少しは楽になったな、と思ったが、昨日、4日ぶりに仕事で方々に電話をかけまくり、左手の親指でプッシュしまくったら、また痛みが戻ってしまった。

いつになったら元に戻るんだろう、ちょっと憂鬱な今日この頃である。左手なのが不幸中の幸い。右手だったらえらいことになっていた。


JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 09:41 | comments(0) | - |
久しぶりにワインを買った。
最近、家飲みはウイスキーばかりだったんですが、久しぶりにワインを買いました。

以前、大好きだったのはこのチリワインでした。

今回、同じくチリのSunrise Cabernet Sauvignon 2012っちゅうワインを購入。





近所のマルエツで、1,100円位だったかなあ、割と濃厚で旨いんだけど、香りがやや独特なのが気になる。また買うかどうかは微妙。このワイン、巷間、どう評価されてるんだろうかと思ってちと検索してみたら下記のような意見があった。赤字にした部分は僕が賛同できるな、と感じた部分。参照したのはカベルネソーヴィニヨン種ワインランキング&レビューというサイト。
素人には難しいな、このワインの評価は・・・。

今回のワインはサンライズカベルネ・ソーヴィニヨン。説明もばか臭いですが、チリワインとしてたくさん売られているサンライズの、カベルネ・ソーヴィニヨン種によるワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨン種のワインはタンニンの強さ、まあ言ってみれば赤ワイン特有の苦味が特徴なのですが、これがサンライズの場合は結構嫌味な感じで広がることが問題です。しかし同クラスのカベルネ・ソーヴィニヨン種のワインが、ライト感覚で楽しませようとする姿勢が見え見えなのに比べれば、「コクや苦味の強さで勝負してこそカベルネ・ソーヴィニヨン種による赤ワインなのだ」という姿勢は評価すべきなのかもしれません。これが苦手なら「メルロー種飲んでいろ」とでも言いたげです。そこで判定に迷いが生じるのです。

いずれにしても香、味ともに、樽というか落ち葉の中で腐敗した木のような風味が強く、しっかりとし酸味やコクがあるにしても爽やかさや都会的でシャープな風味を好みがちな日本美食学会には苦手なものです。辛味はそれほどなく、一気に飲んでも後味の酸味がきつすぎないという意味では優良なのかもしれませんが、もう少し洗練された味わいとしてくれた方が日本美食学会には相性が良いようです。もしかするとヴィンテージが好きな人には評価されるワインなのでしょうか?

日本美食学会は自身の好みだけを信じて73点と辛目の評価をしておきます。生意気を言えば、日本美食学会の感性では作り手のこだわりや自信が感じられるものではありませんでした。結果的にできちゃったという感じの風味に思えます。同じテイストでも、作り手の自信が見えるのであれば日本美食学会は評価すると思うのですが、今回は残念ながらそこまでは伝わりませんでした。しかし、このワインが専門誌等の中で、一流のソムリエによって安価な優良ワインとしてとりあげられる可能性は十分あります(その可能性は極めて大!)。その場合はこの判定はあくまでも素人判断だと思って、何卒ご容赦を!
そういえば、自分で買ったワインは赤ばかり。でもワイン・バーなどで、同行した人に薦められて飲んだ白ワインは、全て旨いと感じた。もしかして、白ワインの方が好きなのかな、俺?? なんて疑問も湧いてきた昨今。

今度は、白ワインでも買ってみるかな。白ワインて、色がつまんないよね、と思ってたんだよな。

JUGEMテーマ:日記・一般


| 日記 | 23:13 | comments(0) | - |
| 1/15PAGES | >>